メニュー0 ビオトープ管理士資格試験公式サイトのトップページへ メニュー1 受験の手引き 試験の要綱と受験申込用紙 のページへ メニュー2 ビオトープ管理士 概要説明と活躍のようす のページへ メニュー3 日本ビオトープ管理士会のページへ メニュー4 受験に役立つ各種の資料、参考書籍など のページへ メニュー5 過去問題 のページへ メニュー6 傾向と対策 ビオトープ管理士セミナー のページへ メニュー7 一部免除認定校 関係書類 のページへ メニュー8 キャンパス受験、サテライト会場 のページへ メニュー9 ロゴマーク のページへ
メニュー3 日本ビオトープ管理士会のページ

冊子 ビオトープ管理士ってこんな人たち のダウンロード
 
 
 
イメージ写真 日本ビオトープ管理士会の研修会のようす、座学編 イメージ写真 日本ビオトープ管理士会の研修会のようす、屋外見学編 イメージ写真 日本ビオトープ管理士会の研修会のようす、屋外見学、実地研修編
 
  
日本ビオトープ管理士会の公式サイトへ

資格を通してつながる日本ビオトープ管理士会

ビオトープ管理士は全国に1万人以上。同じ志を抱き、知識や考え方を共有できる 仲間たち* があなたの住むまちにもいます。

そのような各地の有資格者が集まる「日本ビオトープ管理士会」では、地域に密着した 支部 とともに、自己研鑽の勉強会や広報イベントを展開しています。

ビオトープ管理士の資格をお持ちの方や ビオトープ・生物多様性の取り組みに力を入れる 企業・団体 のみなさん は、ぜひご入会ください。

*ビオトープ管理士の有資格者のうち、ご本人の希望・承諾のあった方のみ検索できます。

日本ビオトープ管理士会 入会のご案内と入会申込用紙 のダウンロード 日本ビオトープ管理士会 会員継続手続きのご案内 のダウンロード 日本ビオトープ管理士会 企業・団体会員のご案内 のダウンロード

入会のご案内と

入会申込書(圧縮ファイル)

会員継続手続のご案内

社内で6名以上なら

企業・団体会員に。

 

日本ビオトープ管理士会会員の活躍や資格の活かし方、ビオトープ管理士の社会的な位置付けについては、冊子『ビオトープ管理士ってこんな人たち』をご覧ください。

トップに戻る▲

研修会・交流会

会員ではなくとも(ビオトープ管理士の資格を持っていなくとも)参加できる研修会があります。お気軽にご参加ください。

 兵庫県立大学大学院 地域資源マネジメント研究科(RRM)
 B日程入試学生募集
   詳細

出願受付:2017年11月21日(火)〜12月5日(火)
試験日:2017年12月17日(日)
試験会場:豊岡会場、神戸会場
募集人員:博士前期課程 12名、博士後期課程 2名
試験内容:小論文試験、口述試験(英語の試験はありません)
概要:人里に大型鳥類を再導入するという世界に類例のない大事業、コウノトリ野生復帰を
   きめ細かな指導のもとに研究することができます。
   出身学部は問われません。入試は思考力と表現力を確認する論述試験と面接のみです。
   社会人は土日のみ講義を受け4年間で修士号を取得できる「長期履修」を選択できます。

問い合わせは、兵庫県立大学豊岡ジオ・コウノトリキャンパス(0796-34-6079)にお願いします。

 

 日本ビオトープ管理士会 宮崎県支部 ─Bio.ひむか
 平成29年度第2回交流会
   詳細

日時:2017年11月25日(土) 16:00〜
会場:(一財)みやざき公園協会 事務局
参加費:無料(意見交換会別途)
申込:2017年11月10日(金)〆切
   宮崎県支部:伊藤慎一朗(0985-25-7410 / ito■mppf.or.jp …■は@に変換を)
   要事前申込、定員24名
概要:研修+意見交換会
   平成29年度第2回目交流会を開催します。
   自主企画交流会の概要発表や今後の活動の方向性等たくさんのお話ができれば
   と考えています。皆様の参加をお待ちしております!

お申し込みは、日本ビオトープ管理士会 宮崎県支部支部 へお願いします。

 

 日本ビオトープ管理士会 関東支部
 平成29年度第3回研修会 里山修復計画 維持管理作業─座談会
  詳細

1日目 日時:2017年12月2日(土) 13:30〜18:00
    場所:埼玉県秩父市
    持ち物:軍手、ノコ、剪定バサミ等
    概要:管理作業(林床整備、伐木作業、懇親会)

2日目 日時:2017年12月3日(土) 8:00〜14:30
    会場:秩父みどりが丘工業団地地区センター第一会議室
    持ち物:後援者が資料を持参
    概要:参加者が講演(日頃の疑問点、作業方法、手法等について)

参加費:7,000円(1泊2食付)
申込:2017年11月27日(月)〆切
   関東支部:冨田耕造(fuhken■f5.dion.ne.jp …■は@に変換を)

お申し込みは、日本ビオトープ管理士会 関東支部 へお願いします。

 
日本ビオトープ管理士会 研修会 

 日本ビオトープ管理士会 平成29年度第4回研修会

 三ツ又沼ビオトープ 実地研修
 ─生物多様性を維持するためのヨシ刈り作業─

日時:2017年12月16日(土) 13:00〜16:00
集合:三ツ又沼ビオトープ 駐車場(埼玉県・荒川河川敷)
参加費:一律 500円
後援:(公財)日本生態系協会

ビオトープ管理士継続教育 12ポイント 取得可能
  (公財)日本生態系協会による“特別認定ポイント”適用
  社会貢献型・環境管理作業への参加(業務外に限る)
  1時間につき 通常2ポイント→4ポイント ×3時間分

建設系CPDプログラム(土木学会継続教育プログラム)
  JSCE17-0795 / 3.0単位 / 初級・中級 / 研修会 /C,M,N

お申し込みは 日本ビオトープ管理士会 事務局 へお願いします。 

日本ビオトープ管理士会 お申し込みフォーム

日本ビオトープ管理士会 研修会 

 荒川大麻生公園(あらかわおおあそうこうえん)で
 実地研修を兼ねてボランティア活動に参加しませんか?

「野鳥の森」や河原植物の自生する「野草の広場」などを擁し、魅力あふれるビオトープを形成している荒川大麻生公園(埼玉県熊谷市)では、毎月1回、自然再生・維持管理のために、ボランティア活動(エコ・パークボランティア)が行われています。そのメニューは、季節に合わせて、草地の火入れ、外来植物の防除、絶滅危惧種「カワラナデシコ」の保護増殖など様々。ビオトープ管理士としてのスキルアップにつながるこのボランティア活動に、ぜひご参加ください。

お申し込み・お問い合わせ
 (公財)埼玉県生態系保護協会(指定管理者)
 tel. 048-645-0570
 e-mail ooasou■ecosys.or.jp …■は@に変換を
 詳細:荒川大麻生公園
 後援:日本ビオトープ管理士会

平成29年度内の活動予定
 ・2017/12/ 9(土) 草地への火入れの準備
 ・2018/ 1/18(木) 草地への火入れ(雨天・強風の場合1週間順延)
 ・2018/ 2/17(土) 火入れ後の植生管理@
 ・2018/ 3/10(土) 火入れ後の植生管理A

お申し込みは (公財)埼玉県生態系保護協会 へお願いします。 

日本ビオトープ管理士会 研修会 

 全国学校・園庭ビオトープコンクール2017 『発表と交流大会』

日時:2018年2月11日(日) 13:00〜16:00
集合:東京大学伊藤学術研究センター 伊藤謝恩ホール(東京都文京区)
参加費:無料
後援:日本ビオトープ管理士会 ほか

ビオトープ管理士継続教育 9ポイント 取得可能
  (公財)日本生態系協会による“特別認定ポイント”適用
 参加学習型(講習会,講演会,現場見学会,自然観察会などへの参加または運営)
  1時間につき 通常1ポイント→3ポイント ×3時間分

公式サイト

日本ビオトープ管理士会 研修会 

 日本ビオトープ管理士会 平成29年度第5回研修会

 森の墓苑 お墓のトラスト地でビオトープ管理 ─第2弾─

日時:2018年2月17日(土) 10:00〜17:00
集合:森の墓苑 管理棟(千葉県長生郡長南町市野々815-2)
参加費:日本ビオトープ管理士会会員および同伴者 1,500円
    一般 2,000円
後援:(公財)日本生態系協会

ビオトープ管理士継続教育 16ポイント 取得可能
  (公財)日本生態系協会による“特別認定ポイント”適用
  社会貢献型・環境管理作業への参加(業務外に限る)
  1時間につき 通常2ポイント→4ポイント ×4時間分

お申し込みは 日本ビオトープ管理士会 事務局 へお願いします。 

日本ビオトープ管理士会 お申し込みフォーム

  
イメージ写真 日本ビオトープ管理士会の研修会のようすイメージ写真 日本ビオトープ管理士会の研修会のようす、長谷川明子氏
イメージ写真 日本ビオトープ管理士会の研修会のようす、宇野総一氏イメージ写真 日本ビオトープ管理士会の研修会のようす、志賀壮史氏
イメージ写真 日本ビオトープ管理士会の研修会のようす、藤塚治義氏イメージ写真 日本ビオトープ管理士会の研修会のようす、意見交換会@
イメージ写真 日本ビオトープ管理士会の研修会のようす、意見交換会Aイメージ写真 日本ビオトープ管理士会の研修会のようす、交流会@
イメージ写真 日本ビオトープ管理士会の研修会のようす、交流会Aイメージ写真 日本ビオトープ管理士会の研修会のようす、交流会B

トップに戻る▲

Copyright(C)2017 Ecosystem Conservation Society-Japan All Rights Reserved